今田まちづくり協議会広報誌  第38号 
 秋・冬号
 
年頭のご挨拶
                                      会長 田中良晴


新春を仰ぎ、皆様方には輝かしい新年をお迎えられましたこと、お慶び申し上げます。
平素は「今田まちづくり協議会」に格別のご理解ご支援を賜っておりますこと、厚く御礼申し上げます。
さて、今年「今田まちづくり協議会」では、地域住民皆様の「健康で生きがいのある町づくり」を目指して、「今田ときめき若葉ウォーク」を行うことといたしました。この事業は今田地域の皆様の健康づくりと、世代を超えたふれあい。また、一方では「観光」に向けて今田地域の良さを都市住民の方々にPRするため、多くの方に訪れて頂き今田の良さを満喫していただく事を期待しているところです。
その他にも今年は「自主防災訓練」の実施も計画しております。今年もより一層のご協力ご支援をお願い申し上げ、年の初めのご挨拶といたします。  


平成二十六年度
今田まちづくり協議会主な活動 
安心・安全部会 活動報告

今田子ども見守

八月二十九日(金)に第二期「今田子ども見守り隊」の結成式を開催しました。
活動に協力いただける今田地区内、第一期の方々を含め総勢六十九名の方々に登録いただくことになり、感謝いたしております。
活動の内容といたしましては、皆様のライフスタイルにあわせた活動をしていただいており、子供たちと登下校を一緒に歩いたり、バス停までの送り迎え、交差点での見守り等をしていただいております。また地域の危険個所に近づかない活動もしていただいております。
これらの活動を通じて、子供たちの登下校時の安全を見守ると共に、お互いの声掛けにより地域のコミュニケーションを図ることができます。
活動時には、用意いたしましたユニフォーム等を着用していただくことで、犯罪等を寄せ付けない安心・安全な街づくりを地域挙げて推進できていることと考えています。
 
また、今春に「ときめきくん」の飛出し坊やを二体、今田小学校に寄贈し、小学校通学路に設置いただいております。今後も増備を検討いたしております。
これからも、地域の安心・安全を地域の皆様と一緒に考え、実行していきたいと思いますのでご協力とご理解賜りますようお願い申し上げます。
  
 
 教育・文化部会 活動報告

ときめき農業塾 一年間のまとめ


・五月 開塾式
 講座の年間計画説明。実習・ねぎ、かぼちゃ、きゅうり、種まきの実習。 農薬使用の注意点につ
いて。 夏野菜の管理について、「枝・つるの仕立て・摘芯」
・六月 トマト・なす・きゅうりの叉芽とり・摘芯。「農場見学」。トウモロコシの追肥・ジャガイモの収穫適期について。「農場見学」トマトのハウス栽培見学。
・七月 主な野菜の栽培ポイント。害虫駆除と除草剤散布の留意点。「農場見学」
・八月 温泉直売所出荷農家と合同で、野菜栽培講習会。「講師・丹波県民局普及員」。白菜の畑準備と白菜の種まき実習。
・九月 秋・冬野菜の畑の準備について。「現場実習、大根の種まき」。玉ねぎの種まき実習とねぎの管理について。「現場実習」。
・十月 白菜、キャベツ、大根の肥培管理について。玉ねぎの移植準備について「現地視察」。うすいえんどう、ソラマメの播種について。「実習、温泉で」
・十一玉ねぎ移植の留意点について。ねぎの収穫について。
・十二月 ジャガイモの植え付け準備について。閉講式・一年間を通じて意見交換。



 農業体験学習

今田小学生田植え体験
平成二十六年度も、今田小学校五年生が農業体験授業として田植え体験をしました。
小学校と、今田まち協の協力事業として、毎年五年生がこの時期に田植えの実習をしています。現在、小学生の時代は、各家庭で農作業の手伝いをする児童は少なく、水田に入るのは初めての児童も多く、最初は泥田に入るのに躊躇していましたが、慣れてくると楽しく皆と騒ぎながら植えていました。通学道路脇ですので、学校の登下校の時にもいろいろと観察してくれると思います。
秋の稲刈りを楽しみにしています。


今田小学生稲刈り体験
九月二十五日、
今年五月に田植体験した農場で稲刈りの実習授業を行いました。
小学校近くの水田を地元の協力者農家にお借りして毎年五年生が農業の体験学習を行っています。
なれない手つきでしたが、農家の方より手ほどきを受けて楽しく稲刈りをしました。
毎年今田小学校と今田まちづくり協議会が協力して行っている事業です。
台風の影響で雨が心配されていましたが、雨上がりで足元が悪かったが無事故で実施することができました。
児童のみなさん、お疲れさんでした。


 二十六年度
 パソコン教室開始


老人会今田支部と今田まちづくり協議会が共催した、平成二十六年度のパソコン教室を七月三日から始めました。
今年は二部に分かれて行いました。
一部は初級コースでパソコンの扱いが初めての方。午後一時半から今田まちづくり協議会の事務所で行いました。
パソコンを扱うのは初めての方ですので、電源の入れ方から始まり、パソコン操作の基本からはじめました。
一方、中級の部は夜七時から開始し、パソコンには慣れているものの我流での操作も多くエクセルの基本操作から始めました。
隔週で行い基本は第一木曜と第三木曜を中心に十二月まで行い、全十三回の講程を十二月四日で終えました。


 通学合宿の実施

もの居場所づくり事業として、今田校区通学合宿を行いました。
平成二十六年十一月六日から八日まで(二泊三日)
主催 今田まちづくり協議会 協力今田小・中学校PTA

目的 年齢の違う地域の仲間と一緒に共同生活を体験し、生活のルールを守りながら助け合うことの大切さを学びます。地域の人たちとふれあい、その温かさを感じるとともに、自分の住んでいる地域を愛する心を育みます。

内容 一か所に宿泊しながら各学校へ通学します。
炊事、清掃、身支度など共同生活の中で体験します。地域の家庭のお風呂に入らせてもらい交流を深めます。地域の人たちとふれあい、顔の見える関係を築きます。

始めの式
午後五時より今田まちづくりセンターで「始めの式」を行いました。
夕食の準備 六日は、今田中年婦人の会の方と一緒に夕食作りをしました。食後は、地域の方々七家庭にご協力をいただき、「もらい風呂」を行いました。子どもたち二人〜三人が一組でお風呂をいただきにお伺いします。

通学合宿のやくそく
@やさしい言葉と笑顔であいさつします。
A助け合い、なにごとも進んで協力します。
B健康に気を付け、自分のことは自分でします。
C友だちや地域の人たちとのふれあいを大切にします。
Dきまりを守って、物を大切にします。参加者は小学生十四名。中学生四名。



 交流部会 お知らせ

今田若葉ウォーキング

今田若葉ウォーキングは平成十七年より毎年四月下旬に有志による実行委員会で行われてきましたが、都合により、昨年で終わることになりました。今年より旧実行委員会と今田まちづくり協議会とが一緒になって「今田ときめき・若葉ウォーキング」として再スタートすることになりました。
今田の良さと素晴らしさをたくさんの人たちに伝えることにより地域の活性化につなげることや、健康ウォーキングとして今田地区住民の参加を募り、地域の文化を深く知るとともに再発見につなげることを目的に今年より再出発をしていきます。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

第2回 平成18年度
 
 
 
inserted by FC2 system